安全で丈夫な住まい。長く住むための品質です。

基本仕様で耐久性の高い丈夫な構造になっています。
家の土台をしっかり支えるベタ基礎、歪みも少なく強固なエンジニアウッドを使用し、
オリジナルパネルと木造在来工法を組み合わせたAPP工法を採用。
水周りや建具にも耐震を配慮したものを採用し、もしものときの備えとしています。

地震から家族を守る技術。

耐震工法

耐震工法

建物の躯体を筋交いや補強金物等を用いて強化し、
地震の揺れに耐える構造を目指しています。

制震工法

制震工法

地震エネルギーを、オイルダンパで吸収する「制震工法」
制震構造とは、地震時に発生する建物の変形を、特殊なオイルダンパ装置で吸収する事で建物の揺れを軽減する構造です。 揺れを軽減し、損傷を防ぎます。

免震工法

免震工法

最も免震性能が高い転がり免震支承と評価され、
数多くのハウスメーカーが採用している日本を代表する免震システムを採用しています。

基礎

基礎パッキン施工

構造的にも強く、不同沈下に対して効果的なベタ基礎を採用しています。その上には換気性能に優れたキソパッキンを施工し、土台を組んでゆきます。

従来の工法に比べ、1.5~2倍の換気性能を持つこの工法は、床下にこもりやすい湿気を排湿し、適度な乾燥を維持します。

換気によって湿度を最低限に抑えた床下で、床下断熱材は性能を劣化させることもなく、土台の腐れを防いで住宅の耐久度を高めます。

ベタ基礎の構造

不同沈下とは?

建物が同一に沈下せず、ある面が著しく沈下を起こすなどして不均等に沈むこと。
地耐力の不足、地盤の不均一性、編加重などが主な原因。不同沈下がある一定量を超えると建物の基礎、壁、梁にひびが入ったり、ドアや建具の開閉不具合、建物の傾斜などの問題が起きる。
建物が全体的に傾斜する傾斜角タイプと部分的に傾斜する変形角タイプに分けられる。

基礎構造比較

従来の工法/採用工法

金物工法

在来工法の基本構造である「梁勝ち工法」を採用。
究極の「ピン工法」というべき、ボルトレス、ドリフトピンのみでの接合を実現。

在来工法の基本構造である「梁勝ち工法」を採用。究極の「ピン工法」というべき、ボルトレス、ドリフトピンのみでの接合を実現。

※商品により工法・基礎等は異なりますのでその都度御確認ください。

日本住宅の標準仕様書

標準仕様書PDF

無料ご相談窓口

詳しくはこちら

ご予算や土地・間取り・耐震についてなど、どんなことでもお気軽にお問い合わせください。
経験豊富な担当者者が、お客様のご質問にお答えいたします。

メールでのお問い合わせはこちら

実績紹介 当社強化地域 墨田区 江東区

住まいギャラリー

お客様の声

日本住宅標準仕様PDF 準防火地域

日本住宅標準仕様PDF 防火地域

ページトップ